当選御礼

桐生ひであき画像

「第19回統一地方選挙県議会議員選挙」で、5期目の当選をはたすことができました。

ご支援下さった皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


この度の選挙は県議会で13選挙区が無投票となり、横浜市議選では戦後初の1区が無投票となりました。この原因については、あらゆる角度から議論が必要と思います。


私はいままで県議会議員として取り組んできた「地域医療福祉の整備・充実」「子育て支援策」「安全・あんしんの社会の実現」「未来の担う子ども政策」「中小企業支援育成」ほか、人生100歳時代を見据えた健康寿命をのばし、いつまでも元気でいきいきと暮らせる社会の実現を目指して引き続き政策づくりを進めていきたいと思います。


そして私の政治の原点でもある「真の住民意思を反映した政策づくり」「社会的弱者により添った政策」「先(時代)を見通した政策づくり」をこれまで以上に進めたいと思います。


明るい未来の実現のために県民の皆様のご意見、ご要望に真摯に耳を傾け、県当局に対して提言してまいります。