政策・理念

シャープな行動力 先を見通した政策

安心できる医療、福祉の充実

平成27年12月重粒子線医療センター稼働

医療情報や検診データの個人情報取り扱いルール、標準化などの 全国共通ルールを構築し、重粒子線治療の保険適用対象を拡大しました。 神奈川県では、利子補給制度、専用ローンを創設しています。

がんセンター新設オープン

県立がんセンター(旭区)に、 最先端のがん治療ができる重粒子線治療施設「i(アイ)-ROCK(ロック)」が完成しました。 がんセンター併設型施設としては世界で初めてで、 がんに対して複数の治療法を組み合わせ、より質の高い医療を提供できるようになりました。

在宅医療、在宅歯科医療の推進

保険・医療・福祉を担う人材の確保・育成のために、 病院、病床数の地域偏在化を解消し、医師の確保を推進し、 准看護師要請を廃止するなど、看護師要請プログラムを見直しています。

  • 平成27年12月重粒子線医療センター稼働
  • がんセンター新設オープン
  • 在宅医療、在宅歯科医療の推進

経済成長戦略

地方創生

リニア中央新幹線の整備推進、橋本駅周辺街づくりを行うなど、 県央・湘南地域の鉄道網の整備を促進し、また、東海道貨物支線貨客併用化を行うなど、 発展の拠点づくりを支え、その効果を広く波及させるための鉄道を整備しています。

医療関連

健康長寿を目指し、子宮頸がん予防ワクチン接種後の健康被害の支援や、 介護施設の整備促進と人材の確保・育成に力を入れ、 平塚養護専門学校を看護大学校に改編するなどの取り組みを行っています。

ロボット関連産業の発展

ヘルスケア・ニューフロンティアの推進の一環として、 「さがみロボット産業特区」を活用し、「最先端医療関連産業」「未病産業」 「ヘルスケアロボット産業」を創出しています。

  • 地方創生
  • 医療関連
  • ロボット関連産業の発展